全国盲学校野球大会は視覚障害者の野球(グランドソフトボール)の全国大会です。

全国大会出場チーム紹介

  • HOME »
  • 全国大会出場チーム紹介

第31回 北海道大会 出場チーム紹介

北海道札幌視覚支援学校

 今年のチームは去年のメンバーとほぼ変わらず、守備力の高いチームです。
 今年は北海道大会ということもあり、日々練習して来ました。優勝旗を学校に持って帰ります。

東北地区盲学校選抜チーム

 私たち東北選抜は、夏休みに合同練習を行いました。初めて同じチームになった仲間がたくさんいますが、すぐに打ち解けあい、互いに励ましあったり、アドバイスできるチームになりました。
チームの特徴としては、声の連携やベンチワークを大切にしています。さらに弱視の選手が積極的に全盲の選手を手引きするなど、固い絆で結ばれたチームです。
最後の全国大会では、持てる力を発揮し、一生懸命戦います!!

筑波大学附属視覚特別支援学校

 今年の附属盲学校にはホームランバッターこそいませんが、しっかり後続につないで、こつこつ点を取る打線が持ち味です。
 最後の全国大会で優勝するという目標を全員で共有し、去年悔しい思いをされた先輩方の分まで勝ち進みます。

北信越選抜チーム

 北信越大会で熱戦を繰り広げた好敵手が全国制覇を目指し集結しました。選抜チームですが、一戦一戦、真剣勝負をする中で、チームの団結力を強め、1人ひとりが輝き、主役になれるように頑張ります。
感謝の気持ちを胸に、悔いを残さない全力プレーに努め、皆さんと一緒に最後の全国大会を楽しみます。

東海選抜チーム(浜松・三重・岐阜・名古屋・岡崎)

 昨年度の優勝チーム「東海選抜」として、連覇を狙います。
我がチームは、走・攻・守・声・気・愛!この6つのスペシャリストが揃ったグレートォなチームです。
試合ではすべてのチームを倒して絶対二連覇します。そしてもう一度、優勝旗を持ち帰ります。

大阪府立大阪南視覚支援学校

我々、近畿代表、大阪府大阪南チームは「圧倒的な力で全国優勝する!!」をスローガンに日々頑張っています。
破壊力抜群の弱視プレイヤー、また、球際の反応鋭い全盲プレイヤー、そして何より、ひとつでも先へという意識を持ち、必ず勝つと結束力の高い、まさに「走!!、攻!!、守!!、志!!」の揃ったチームです。

香川・岡山連合チーム

 第23回中国四国地区盲学校体育大会で優勝した、香川・岡山連合チームです。
 香川・岡山の結束力は、両県にまたがる瀬戸大橋のように強固で、何事にも揺らぐことはありません。連合チームではありますが、チームワークを最大の武器に、最後の全国盲学校野球大会で、思う存分戦いたいと思います。

宮崎県立明星視覚支援学校

 私たち宮崎県立明星視覚支援学校は、日本のひなた、宮崎県にある全校生徒29名の学校です。南国のあたたかい太陽の恵みを受け、笑顔いっぱい、明るく元気に練習に取り組んできました。
この北の大地で、九州男女、選手15名、でっかいどう北海道!ひなたパワーで打って守って走って、てげ最高!の夏にします。

寄付金・協賛品について

例年、全国の企業様、団体様、盲学校、視覚障害関係機関、個人様からの寄付・協賛を頂いて運営しております。
多数のご協力ありがとうございます。


Copyright © 2017 全国盲学校野球大会 All Rights Reserved.