7月6日(水)名古屋盲学校を会場に、愛知県選抜として岡崎と名古屋の2校で1チーム、東海選抜として三重県、岐阜県、静岡県(浜松)の3校で1チームを編成し、午前中は練習、昼食を挟んで午後から試合を行いました。試合は、愛知選抜チームが初回に1点を先制、試合を有利に進めるかと思われましたが、地力に勝る東海選抜がボールを選んで塁を埋めて、長打で得点を重ね、1回の裏に打者二順の猛攻で13点をあげ、逆転しました。愛知選抜チームは次の回、ノーアウト満塁のチャンスを迎えました。打者はレフト線に強烈なライナーを打ちましたが、サードを守る全盲選手の正面に飛び、キャッチアウト。ボールは三、二、一塁と転送され、トリプルプレイもしくはそれ以上のプレイかと思われましたが、送球方法のミスでダブルプレイ止まりでした。その結果、後続も倒れ、ゲームセット。「1対13」で2年連続東海選抜チームの勝利となりました。
 好天に恵まれ、たいへんな暑さの中でしたが、充実した大会となりました。
 全国大会には、東海選抜(三重、岐阜、浜松、岡崎、名古屋)として出場します。

<試合結果>
東海選抜(三重・岐阜・浜松) 13-1 愛知選抜(岡崎・名古屋)