荒尾 顕司 監督より

今日をふり返って、優勝できなかったのは残念でしたが、今やれることは全てやってきて、練習の成果は出せました。決勝まで来れたのでよかったです。できなかった部分はまたこの先、やっていきたいです。

社会人経験のある理療科の生徒や普通科生徒は、朝から練習をし、自主的な練習と先輩からの指導が上手く機能した結果、全盲生のバッティングが昨年より飛躍的に伸びました。

 

井上 琉衣 主将より

ミスなく自分たちのプレイをやっていこうという思いで、決勝に臨みました。チームの120%の力を出し切れて、全力でプレイできたのでよかったです。

宇土 裕樹 投手より

ホームベースを狙って投げたら、たまたま内角で三振が多く取れたという感じでした。社会人チームにも入っているので、センターやショートなど、他のポジションの守備の経験が今日、役に立ちました。

優秀賞     西村 一樹 選手

自分はプレッシャーに強い方ではないのですが、自分を信じてやるしかないと思いました。優秀賞の発表の時には、本当に自分でいいのかと思いました。他にも活躍した人や、チームを引っ張ったキャプテン、ピッチャーもいるし本当に自分なのかと思いました。