Aコート…福島 対 神奈川県選抜

3対 4 で、神奈川県選抜が勝利しました。

1回表の立ち上がり、制球に苦しむ神奈川県選抜から福島が3点を先制、その裏に神奈川県選抜が1点を返しました。2回以降、投手の熱投と野手の好守備により、無得点が続く中、3回裏に神奈川県選抜の打線が繋がり、3点を取り逆転しました。福島は、最後に逆転を狙い、進塁しましたが、あと一歩及ばず、涙を飲みました。両チームとも勝利への気迫を感じる、熱い闘いでした。

 

Bコート…北信越選抜 対 香川

2 対 3で、香川県立盲学校が勝利しました。

本日最後の試合、両校の最大の敵となったのは、灼熱の午後の太陽でした。暑さで、体力・集中力を奪われる中、勝利を決めたのは4回裏、最終回でした。初回に北信越選抜が2点を先制し、逃げ切るかと思われましたが、最終回で投手が香川に捕まる!?ツーアウト満塁、一打サヨナラの場面でした。打球はセンターに飛び、香川県立盲学校が、逆転サヨナラ勝ちとなりました。

 

Cコート…北海道 対 東海選抜

2対 10で、東海選抜が勝利しました。

東海選抜は、1,2,3回と毎回得点で、試合の流れを相手に渡しませんでした。2回裏スリーランホームランが出るなど、打線が好調であった。一方、北海道は、投手の攻略に苦戦したが、3回表に2点を返しました。また、北海道高等盲学校は今大会が最後の出場となりますが、強豪の2チームに善戦し、最後まで諦めない素晴らしいプレイを見せてくれました。